• TOP  
  • >   活動内容について   >   国外から北京に来るすべての者に対する集中隔離措置の実施【北京市政府発表】
2020年3月
« 2月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

国外から北京に来るすべての者に対する集中隔離措置の実施【北京市政府発表】

在中国日本国大使館からの重要なお知らせ(北京市政府発表)です。

●3月15日16時過ぎ,北京市政府は,3月16日0時から,国外から北京に来るすべての者を集中観察所に移送し,14日間の隔離観察を行う事を発表しました。集中観察所は専門の医療従事者を配置し,定期的に健康モニタリングを行うとのことです。

●また,(1)集中隔離観察期間の費用は自己負担となる,(2)特殊な状況があれば厳格な評価のもと自宅観察が可能となる,(3)情報を偽り,病状を隠して感染を広めた者は法律法規に則り責任を追及する,とのことです。

●この発表に関し,在中国日本国大使館が北京市当局から確認した情報は以下のとおりです。

「集中観察所」は,各区が手配するホテルとなる。

空港から「新国展」(北京中国国際展覧中心新館)に移動した後,そこで各区がアレンジする大型バスにスタッフの誘導に従って乗車いただき,「集中観察所」となる指定ホテルまで行くこととなる。

・「集中観察所」では,基本的な生活はできるようになっているが,家族や知人が食料や衣服等を届けたいときは,必ず事前に隔離されているホテルと連絡をとり,同意を得てから,物品の受け渡し手続きにしたがって渡すこととなる。

・「特殊な状況があり,自宅観察が可能となる場合」とは,妊婦や高齢者などで特殊な必要性がある場合である。

費用についてはホテルごとに異なる

・集中隔離中に発熱症状や健康状態が悪化するような場合は,救急車で指定の病院に行くことになる。

・北京空港到着後,天津市に向かう場合は,北京で隔離を受ける必要はない。空港のスタッフに身分証を示し,天津市に向かう旨を説明する必要がある。昨日3月14日から北京空港到着者が天津行きの高速鉄道に乗車することは不可能になっており,空港から「新国展」に移動した後,そこで在北京の天津市事務所が手配したバスに乗車し天津市に向かい,到着後,天津市が定める観察隔離措置を受けることとなる。

●上記のほか,収集した情報については,今後,適時発信してまいります。現在の措置についても変更される可能性がありますし,また各区によって具体的な措置が異なる場合がありますので,引き続き,中国政府当局及び北京市政府等が発表する最新情報に注意するとともに,中国での受入を行う会社や機関等と予め情報共有していただき,適切な対応をお願いします。

○北京市の発表(中国語)

 

※日本政府は現在,「水際対策の抜本的強化に向けた新たな措置」を実施しています。本件措置のうち,特に「2 検疫の強化」については,中国(香港及びマカオを含む。)から入国される日本人の皆様も対象となっていますので,ご注意ください。また,「3 航空機の到着空港の限定等」についてもよくご確認ください。

また,検疫の強化については,厚生労働省がQ&Aを出していますので,こちらもご確認下さい。

在中国日本国大使館のホームページでは,新型コロナウイルス関連情報をまとめて掲載していますので,併せご参照ください。(在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)

 

(問い合わせ先)

在中国日本国大使館(領事部)

  領事部・直通電話: (国番号86)-(0)10-6532-5964(09:00~17:30)

  上記以外の時間の電話番号:010-8531-9800

 

QR_327509このページのQRコード