• TOP  
  • >   活動内容について   >   【ウィルス関連】公共の場所での個人情報の提示が義務化されました
2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

【ウィルス関連】公共の場所での個人情報の提示が義務化されました

新型コロナウイルスの感染予防のため、2月17日より、天津市内の公共の場所を利用する場合には、「津門戦疫」ミニプログラムコード(以下、津門戦疫コード)をスキャンする(読み取る)ことで、個人情報を提示する義務が課せられています。そこで、公共の場所を利用する人は、津門戦疫に個人情報を入力して登録をしておく必要があります。

個人情報の提示(=津門戦疫コードのスキャン)が義務付けられた公共の場所の範囲は、以下のように多岐に及びます。

天津市内の公的機関・企業・事業所、空港(ロビーを含む)、駅(鉄道、地下鉄、長距離バスターミナルのロビー)、ホテル、各種市場、スーパー、デパート、学校、銀行、さらにはセブンイレブンなどの小売店まで、大勢の人が集散する場所。そしてバス、タクシー、配車サービス車両などの公共交通機関も該当します。

※ 津門戦疫コードのスキャンを拒否すると上記範囲の利用はできません。上記範囲の責任者や管理者はスキャンを拒否した人の利用を禁ずる権利があります。拒否したまま利用すると、法律上の責務が生じます。

※ 上記範囲に該当する場所の責任者や管理者は、WeChatミニプログラム(小程序)の「津門戦疫」に必要な情報を入力して津門戦疫コードを作成し、出入り口の目立つところに貼る義務があります。また、「津門戦疫」の登録・操作方法を指導する専属担当者を配置し、利用者に必ずスキャンするよう要求する責任があります。

 

「津門戦疫」の登録・操作について

 一、個人の登録と使用方法

1、下記ミニプログラム(小程序)コードを長押しして、「津门战疫」をタップ。個人の携帯番号を入力し、携帯に届いたメッセージの番号を入力すれば、個人用のQRコードが送られて登録完了。QRコードは必ず保存してください。

2020-02-19 18.44のイメージ

2020-02-19 18.45のイメージ

 

2、公共の場所を利用する際、WeChatの「QRコードのスキャン」で、入り口付近に貼られた津門戦疫コードをスキャンしてください。

2020-02-19 18.45のイメージ (1)

 

二、代理登録

WeChatを持っていない人に代わって、津門戦疫の代理登録もできます。「为人代办」をタップした後、「为他人生成二维码」をタップして代理される本人の名前と携帯番号を入力します。作成したQRコードを保存・印刷して、公共の場所を利用する際に提示します。※ QRコードは一回しか作成できません。必ず保存してください。

2020-02-19 18.45のイメージ (2)

2020-02-19 18.46のイメージ

2020-02-19 18.46のイメージ (1)

 

三、公共の場所の範囲に該当する事業者等の登録

「单位场所登记」をタップし、「生活服务」をタップ。必要事項を入力し、登録が完了すると、事業者用の津門戦疫コードが送られます。これをプリントして出入り口の目立つ所に貼り、利用者に必ずスキャンするよう要求します。

2020-02-19 18.45のイメージ

IMG_5016

 

発信元: 天津広播電視台

発信日: 2020年2月18日

ソース: 扩散|天津公共场所须“扫码”进入!