2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

大連での隔離状況(9月29日時点)


 

大連00

会員企業様より情報提供いただきました大連での隔離状況です。
渡航時期や状況によって異なるとは存じますが、渡航の際の参考資料としてご利用ください。

 

搭乗便: 9月29 日(火)  JL829 成田 09:35 = 大連 11:45

■ チェックイン(成田空港)

06:10
成田空港第2ターミナル到着、既に30名ぐらいが並んでいた。
大半は中国人、防疫対策の装備の方もちらほら。

大連01

大連02

大連03

06:30
チェックイン開始。JGCステータスはファーストクラスカウンター
で手続きと案内が有りカウンターへ案内される。
入出境健康申請登録はチェックインの際に必要。
JALカウンターで支援有。

07:30
搭乗ゲートOPEN。全ての搭乗者はFast Trackを通過する。
手荷物検査も特段混雑なくスムーズに通過。

07:40
ラウンジ到着。ビジネスラウンジ閉鎖の為、ファーストクラスラウンジへ。
寿司、うどん、カレーなど

■ 健康登録

当日JALカウンターでも健康登録案内が配布される。
回答箇所多く登録には20分程度かかる。

大連04

大連入境前にはこの登録が必要。チェックインの際に登録確認が必要で以下QRを提示する

大連05

■ 搭乗(成田)

・搭乗ゲート待合室入場前にパスポート、搭乗券健康登録 QR コード確認。
・搭乗時に体温検査を実施。
・(機内食)ハンバーガー程度

大連06

■ 大連空港到着後の手続き

①降機
・機内に乗り込んで来た検査員の指示に従い降機。
・ビジネスクラス、エコノミークラスの順番で降機
・検査員は各乗客のマスク着用有無も 確認している様子。

②健康登録内容の確認 (1:1の面談形式)
・降機の順に番号入カードを受け取り(添付①)
・健康登録内容に確認とアンケート(添付②)に確認
・所要時間は5分程度、英語での確認だが日本語のアンケートを見せてくれる

大連07

大連08

大連09

大連10

 

③入国審査
・特別な対応は無く、通常の入国審査であった

④預け荷物回収
・降機後時間が経っている事もあり、既にコンベアから降ろされ纏められていた。ここも特段特別な対応は無い。

⑤入国者情報登録
・入国者情報カード提出(日本語対応可)
・ホテルまでバス移動

大連11

大連12

上記①~⑤完了まで約1時間程度

■ 宿泊ホテル

・大連空港からホテルまでは車で30分程度
・今回宿泊したホテルは『大連昱聖苑国際酒店(ローカル4星級)』
・チェックイン時に14日間の宿泊費、PCR検査・抗体検査費用の支払い。(宿泊費:700元x14 日間9,800元、抗体検査 チェックイン 1 週間後94元、PCR 検査 チェックアウト 3 日前95 元現金、クレジットカード、WECHAT支払可能)
・当ホテルの総経理は日本語対応可能でWechat交換、必要なものはWechatで依頼すれば購入し、部屋まで配達してくれる
・部屋は2部屋あり十分なスペース
・無料のWIFIはあるが通信速度遅い(リモート会議等は別途WIFIを借りる事を薦める)

大連13

大連14

大連15

大連16

大連17

大連18

・食事は所定の時間に部屋に配達される。部屋の前に置いてある椅子に配達後、ノックされるので気づく。朝食‐昼食の配達間が短く食べきれないが、夕食も早いので夜食用につまみやカップ麺は持参する事をお勧め(お箸も)
・朝食はほぼ100%上記のメニューで代り映えしない。昼食・夕食も大凡3パターン程度。とにかく量が多い。ジャージャー面・餃子が各一度だけ出され味変もありとても美味しかった。
・ビール等の酒類やファーストフード等比較的なんでも出前対応が可能。

大連19

大連20

大連21

大連22

大連23

大連24

・無料のWIFIはあるが通信速度遅い(リモート会議等は別途WIFIを借りる事を薦める)
・特に国慶節時期という事もあり時間を持て余した。インターネットTVはとても役立ち契約お勧め。 *利用料:TVは200元、WIFI  は195元、計395元/14日
・運動不足解消の為にもちょっとしたトレーニング機器持参したが重宝した。

■ チェックアウト

・14日目9:30にチェックアウトの旨、事前にホテルからWechatで連絡があり、領収書名や税番を伝えておけば準備をしてくれスムーズ

・チェックアウトの際に、隔離証明、PCR陰性証明、抗体検査証明証を受領

・9:15頃ロビーに行ったが既に30人程度がチェックアウトに並んでいた。恐らくこの日だけで40-50人程度がチェックアウトする模様。

・会社を通して事前に車を手配。この後の移動もあり、幾つかの荷物はEMSで送ってもらう事とした。

・ホテルから大連空港まで30分程度、特に渋滞などなくスムーズに移動できた。

■ 大連空港での手続き

・空港建屋入口で、大連健康コード確認を求められる為、事前にAPPで登録必要。 WECHATから登録可能でチェックアウト一日前に登録した際には既に『緑』に変わっていた。

・チェックイン~手荷物検査~出国審査は特別な対応は無く通常通り。

・搭乗時は非接触検温で体温検査有

大連25

■ 天津空港での手続き

・到着後、降機~預け荷物受取までは通常と変わらず特別な手続きは無かった。

・預け荷物受取後、出口ゲートで非接触体温測定されるが、天津健康コードや隔離証明等の提示は求められずスムーズに空港施設を後にした。

■ 天津入居時

・チェックインの際に、必要書類の記載に加えて、隔離証明書・PCR/抗体検査書及び天津健康コードの提示を求められる。

・その際に、天津健康コードは『赤』であったので、入居は許されたが、共有スペース利用はNGまたその他店舗なども健康コードが『緑』に変わる迄利用できないとの事であった。『赤』の間は食事はデリバリーで対応。

・結局、健康コードが『緑』に変わったのは天津到着後、一日強掛かった。

大連26大連27

■ 隔離ほか経験上のアドバイス

①ホテル(大連昱聖苑国際酒店内)にWiFi あるが通信速度遅い。TV 会議実施時等負荷が掛かるものもそうだが、メール送受信や接続にも時間が掛かるため別途高速WIFIの利用をお勧めする。

②シャンプーや石鹸、歯ブラシ等備え付けはあるが、あまり良いものでは無く、日本から持参する事をお勧めする。体を洗うスポンジなどもあると便利。

③中国放送で楽しめる方は良いが、日本のTVを見れるインターネットTVは契約した方が良い。接続は難しくないが壁掛けTV裏の配線が難儀、TVが重く壁から降ろして荷台の上に設置した方が便利だった。

④その他部屋の設備は、シャワー水圧、水捌け、周囲の部屋の音等特段問題に感じる事は無かった。

⑤ホテル室内には2 本の水しかなく、水含めたホテルからの支給品はチェックイン翌日となる為、会社を通して当日水の差し入れを頂いたがこれは大変ありがたく重宝させて頂いた。大連到着以降水を確保出来る場がない為、差し入れをお願いする事をおすすめする。

⑥【このホテルに限りかも知れないが】大抵の飲食品を出前可能であり、WECHATで依頼すれば直ぐに部屋に届くので大変便利だった。従い余り過剰に食材を持参する必要もなく、また支給される食事は中華のみなので、味を変える意味でもインスタント日本食や醤油などの調味料・インスタントラーメンやみそ汁持参は個人的に正解だったと感じた。

⑦チェックアウト後の移動を考慮すると荷物が多いと大変なので、急がない荷物はEMSで郵送すると便利。ホテルでもEMS受付対応可能。

⑧1 日 2 回体温測定し報告する必要がある為、電子体温計があった方が便利(ホテルでも水銀式は借りられるが時間が掛かる)

⑨洗剤&洗濯物を干す道具も有った方が良い

⑩ナイフやスプーンはリクエストすればホテルから支給される(食事に丸ごと一個の果物支給が多い)割り箸は持参した方が便利

⑪今回、大連空港で『大連健康コード』のみの確認、天津空港では体温計測のみであった。(双方隔離証明書等の提示は求められず)