2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

北京・天津交流会を開催しました

③

「首鋼」製鉄工場廃墟に萌え~

11月25日、26日の2日間にわたって、毎年恒例の中国日本商会三資企業部会と天津日本人会との交流会(通称:北京・天津交流会)が行われました。天津日本人会からの参加人数は24名。天津一行はバスをチャーターし、会場の長富宮飯店へと向かいました。

会場へ到着すると、まずは昼の部の交流会。昼食を挟みながら双方の会長挨拶、大使館からの連絡と続き、天津日本人会副会長の皆さんが、天津の日系企業の現況や抱える問題点などを踏まえながら挨拶しました。

昼食後はNEC(中国)有限公司様のアレンジによる、「2022北京冬季オリンピック」組織委員会への訪問。委員会所在地であるオリンピック園の見学と、交流会が行われました。オリンピック園は北京市石景区にあり、首都鉄鋼集団の製鉄所跡地です。製鉄工場がスクラップされずにそのまま残されており、組織委員会もそんな元工場施設を利用した建物の中にあります。

首都鉄鋼集団は中国の工業を牽引してきた巨大な製鉄所。なにしろ、敷地面積8平方キロメートル、従業員8万人を有し、「首鋼」と呼ばれて親しまれてきたマンモス企業でした。雄壮な姿の高炉や煙突、入り組んだ配管など、剥き出しの鋼鉄の塊とコンクリートが、重量感溢れる造形となって目に迫ってきます。見方によっては未来都市とも見えるカッコよさ! 廃墟ではありますが、立ち昇る水蒸気や輻射熱、響き渡る鋼板の振動が肌に感じられるようです。まさに「鉄は国家なり」という表現がピッタリ。厳めしく、威風堂々として、男臭い(笑)製鉄工場の廃墟でした。

特筆すべきは8基並んだ燃料タンク(?)の下にあるスターバックス! ヘヴィーメタルとアーバン系との融合とでも言いますか(笑)、超ハードとソフトの相容れない2つの要素が溶け合って、チョーカッチョええ! そして、製鉄の燃料となる石炭や鉄鉱石を運んだであろう蒸気機関車が野ざらしに! スチームパンクな「工場萌え~」の皆さん必見の「首鋼」跡地でございました(笑)。

組織委員会訪問後は長富宮に戻り、懇親会を開会。企業PRタイムでは、天津からは龍飛カーリース様とカイザー建設様が熱く語り、参加者のこころを鷲掴みにしました。翌日は例年通りゴルフコンペも開催され、中国日本商会三資企業部会からの参加企業との親睦を深めました。

微信图片_20191128163316

微信图片_20191128163354                                                                                                                                                微信图片_20191128163411