2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

2018年3月 理事会議事録


(文責 天津日本人会事務局)

日時:201832117001800

場所:天津国際大厦12階会議室

幹事:植山不動産、日本航空

出欠:出席26名、欠席9

  

 新任副会長挨拶

◇瑞穂銀行(中国)有限公司天津支店 宇都宮健彦理事

廣野理事の後を受けて力を尽くしたいと思います。引き続きよろしくお願いします。

 

 会員変動

新規入会

(敬称略、順不同)

法人会員:3

三倉(天津)有限公司(代表:小山大輔 総経理)

天津恩碧塗料有限公司(代表:佐藤晴彦 総経理)

天津和幸餐飲管理有限公司(代表:清水満晴 総経理)

 

個人会員:32

 

≪会員数≫ (201712月末時点)

法人会員 362社特別商工個人会員 44名個人会員 483名準会員 16名留学生 2

 

≪会費納付≫ (2018320日時点)

法人会員 184社特別商工個人会員 19名個人会員 268名準会員 9名留学生 1

≪昨年状況≫ (2017320日時点)

法人会員 206社特別商工個人会員 26名個人会員 159名準会員 4名留学生 2

以上

 

要承認事項

準会員申請1

氏名:霍春微 (TFTEご夫人) → 全会一致で承認

推薦者:山本尚之(TFTE18-096)、西宮邦晃(TFTE18-099

推薦理由:会員の平尾信之様(TFTE16-009)の奥様であり日本人会活動の主旨を理解している為。

 

同好会登録申請1件 → 全会一致で承認

名称:天津日本人会ゴルフ同好会

代表幹事:松本昭浩、会計:山本晃裕、幹事:今田洋二・野崎晃・竹島豊

構成員数:29名(320日時点、入会確認済み)

活動内容:月例コンペを通じ天津で生活する日本人の親睦を図り個人のゴルフ技術向上を目指す。

行事:月例コンペ、夏季懇親会(8月)、年末懇親会(12月)

 

 会長報告 ※永田会長ご欠席のため、三重野副会長よりご報告

◇先月からの動き

・2月28日、リッツカールトンにて新年会を開催しました。

・3月13日、正副会長会議を開催しました。

・3月14日、日本大使館より濱田公使、横井参事官が来津され、永田会長、三重野副会長と会食をしました。

・3月15日、天津日本人学校にて卒業式が挙行されました。

320日、公安局出入境管理局より警官2名が事務局へお越しになり、永田会長、三重野副会長と面談しました。

◇公安局面談内容

・公安局の主旨としては天津日本人会会員を対象にビザ説明会を開催したい、韓欧米商会にて近々開催予定、との事。

・天津日本人会ではこれから、会員へ向けてビザについての質問・疑問を意見聴取してまいります。

・開催の日程ですが、416日の週のどこかで調整中です。

・ビザについては会社任せ、ローカル社員任せとなっている方が多く、ビザ制度について知らないで違反する・トラブルになるケースもあるので、ぜひこの機会にしっかり勉強して頂きたい。積極的に質問・疑問をお寄せいただき、またご参加を賜ります様お願いします。

 

 学校運営理事会報告 ※山本校長ご欠席のため、小松教頭よりご報告

◇これまでの動き

 ・3月15日、卒業証書授与式を挙行しました。当日は小学部16名、中学部10名が卒業しました。

 ・また卒業式終了後、保護者会主催の卒業記念パーティーを盛大に開催しました。

 ・3月16日、終了式を行い、本年度を無事終えることができました。ありがとうございました。

◇児童生徒数

 ・3月16日をもって卒業・転出する生徒が小学部29名、中学部20名、合計49名

 ・4月入学予定の生徒が小学部27名、中学部11名、

 ・4月転入予定の生徒が小学部20名、入学と合わせて合計58名

 ・来年度は本年度より9名多い159名でスタートする予定です。

◇教職員について

 ・3月21日、8名が帰任

 ・4月1日、現地採用教員3名が赴任予定

 ・4月6日、政府派遣教員4名が赴任予定

 ・本年度に比べて1名減となりますが、教育の質が落ちないよう工夫してやってまいります。

◇行事予定

 ・45日、転入生のための入学説明会、及び面接

 ・410日、始業式、及び着任式

411日、入学式

◇学校予算について

・年度当初の赤字幅より削減され、20万~30万元程度になる見込みです。

・詳細額につきましては、3月の会計を締めた後ご案内する予定です。

・来年度につきましては、現地採用教員を1名減らし、若干の黒字を予定しています。

・以上につきまして4月の運営委員会をもって承認する予定です。

◇理事変更

・横井参事官が3月にご帰任。後任の藤岡参事官が着任予定です。

・以上につきまして4月の運営委員会をもって承認する予定です。

 

 活動報告及び予算

総務企画委員会

◇報告はございません。

 

広報部会

◇HPアクセス数

・総アクセス数が減少していますが、2月は日数が少ないことが影響していると考えています。

・それ以外で大きな変動はありません。

◇HPの拡充

・4月から着手予定

・4月末に完成予定

◇会員名簿

・3月中に情報提供依頼メールを予定。ご協力をお願いします。

 

親睦文化委員会

◇親睦会参加のお願い

・2018年全体のスケジュールの共有と役割分担を相談したいと思います。理事会後行いますので親睦委員会理事はご参加ください。

・内容は次回理事会で報告します。

 

商工委員会

◇新年会

 ・2月28日、無事開催することができました。皆様ありがとうございました。

 

 その他議事

◇東麗区環境局の締め付け強化

 ・東麗区の環境局の締め付けが昨年末からひどくなっている。

 ・具体的には昨年から今年にかけてプレス機を2台購入したが、その設備投資についての環境レポートを出すよう指導があった。そしてそのレポート代が5万元や10万元することが判明。さらには作成したレポート上での突発的な事故に対してのレポートも必要との事で、同様にレポート代がかかった。それに付随して環境局の視察があり、以前は大丈夫であった洗浄機の排気(ほとんど水蒸気)に対して環境レポートの提出を求められた。結局総額で40万~50万元のレポート代となった。朗報としてはその後の値段交渉で20万元まで抑えることができた。

・弊社がピンポイントで狙われたのか、全体的にそうなのかわからないが、東麗区は北京からにらまれているとの情報もあり非常に厳しくなっている。

・東麗開発区の主任と面談の機会があるので本件について相談予定。

 

◇付随情報

・昨年秋から冬季の取締が非常に厳しい。

・国の環境保護局が来ており、国の規制値よりも更に厳しい目標を掲げて行うよう指導を受けているところもある。

・対策のしようがあればお金出してもやるしかないが、規制が厳しすぎてやれるレベルではない。

・排気でいえば空気と同じレベルを目標としている(国の規制値よりも相当厳しい)。

 

◇外資系企業座談会に参加 その報告

・3月9日、副市長が外資系企業を何社か招き座談会を開催しました。

・当日は20社程が参加し、内日系企業は3社。

・市政府側は趙副市長はじめ全ての局の局長クラスの方が参加。

・まず副市長より、天津の発展が遅れているのは外資系企業誘致が北京などに比べ遅れているからであり、今後外資系企業へのサービス拡大が急務、各局は考え方を変え柔軟に対応するように。と指示がありました。

・各企業(製造業が多かった)より運営上の問題点のレポートを提出しており、その中で環境局への不満(PM2.5の規制、工場停止、電気停止、爆発事故で薬品が入れられないなど)が募ったが、これに対して環境局が説明した。その説明に対して副市長は、法律を超えない範囲で柔軟に対応するように、外資系にサービスをし発展を助けるのが我々の仕事、とお叱りの言葉を述べていた。

・感じとして、天津市上層部の姿勢が変わってきているのではないか。商務委員会でも半年前より指示が変わってきている。

・ただし、上述の厳しい締め付けもあるので、上層と現場の動きが食い違っているのも現状。

 

 

次回理事会予告

20184月 理事会

 

日時2018418() 1700

場所国際大廈12階会議室

司会幹事:九河国際村、日郵物流

 

以上

このページのQRコード

QR_Code1521708110